078-335-6015

診療時間:10:00-18:00【自由診療完全予約制】

ACCESS

MENU

幹細胞培養液療法|元町駅の美容外科医院|神戸ゆう美容クリニック

幹細胞培養液療法

Human stem cell

幹細胞培養液療法

Human stem cell

幹細胞培養上清液

Culture supernatant fluid

体内に存在する歯髄・臍帯・骨髄・脂肪など間葉系幹細胞と分類される幹細胞を培養し、その培養液から幹細胞を取り出して滅菌処理等の各種処理を行った液体のことを言います。細胞の若返りを実現する「今までにない再生医療」として注目されています。

私たちの体は加齢などによって、シミやシワの増加、視力や筋力、免疫力の低下など、様々な組織や機能が衰退していきます。
幹細胞に含まれる成長因子やサイトカインと呼ばれるタンパク質は、体内の組織や細胞の傷や機能を回復させる役割があり、損傷治癒、抗炎症、抗酸化など健康や美容に必要な作用をもたらします。

幹細胞治療と幹細胞培養上清液療法の違い

人の身体は約50兆個の細胞で構成されており、怪我や病気、老化などによって損なわれた細胞の再生のため分化の源となるのが「幹細胞」です。自身の幹細胞を培養・増殖し体内へ戻すことで、アンチエイジングや組織の再生、各種疾患の治療を行うのが「幹細胞治療」です。
それに対し、幹細胞培養上清液は、幹細胞を培養した培養液の上澄み液のことで、最新の研究では、幹細胞から分泌される500種類以上もの成長因子やサイトカインなどの生理活性物質が、体内にある再生能力の高い細胞にはたらきかけることで組織の再生を促すなどの効果が期待できることが分かってきています。

幹細胞培養上清液療法に含まれる主な成長因子

VEGF血管内皮細胞増殖因子(血管新生、発毛、育毛)
HGF肝細胞増殖因子(組織再生・活性)
FGF線維芽細胞増殖因子(血管新生、創傷治癒)
IGFインスリン様増殖因子(皮膚再生、ハリ・弾力アップ)
KGFケラチノサイト増殖因子(発毛、育毛)
EGF上皮増殖因子(しみ・くすみ改善、ターンオーバー促進)
TGF-βトランスフォーミング増殖因子(抗炎症、創傷治癒)
PDGF血小板由来増殖因子(細胞分裂の促進)
TIMPMMP阻害因子(タンパク質の分解抑制)
CNTF、GDNF、NGF、BDNF神経系栄養因子(神経幹細胞の増殖促進・活性、ドーパミン取り込み促進)

特徴・効果

Features / Effects

肌のターンオーバーの正常化

EGF(上皮増殖因子)の性質である分化・自己複製の促進によって、肌のターンオーバーが進み、新しい肌に生まれ変わります。
肌(表皮)の一番下の基底層で作られた細胞は14~42日間程かけて上の層へと移動していきます。
角質層へ辿り着いて14日間程留まった後は、垢になって剥がれ落ち、次の新しい細胞に生まれ変わるというメカニズムです。

美肌効果

肌のターンオーバーが正常化されると、肌の奥にあるメラニン色素が浮き出てシミの解消につながります。
シミが発生するメカニズムとしては、紫外線を浴びると、肌表皮の基底層にあるメラノサイト内でメラニンが作り出されます。メラニンは、毎日メラノサイトで生成され、そのあと体外へ排出されます。 健康な肌では、ターンオーバーによって、この生成と排出のバランスが保たれています。
ところが、紫外線を浴び過ぎたり、ターンオーバーのサイクルが乱れたりすると、メラニンの生成と排出のバランスが崩れ、メラニンが表皮に過剰に蓄積されてしまいます。この過剰に蓄積されたメラニンが、シミ・そばかすの原因になるのです。
メラニンが作り出される際に、チロシンというアミノ酸が変化して酵素のチロシナーゼが働きますが、幹細胞培養上清液には酵素の分泌をコントロールする成分も含まれているため、メラニンの生成を抑制し、シミを予防する美白効果も期待できます。

肌の弾力アップ

肌の奥にある真皮層には「線維芽細胞」と呼ばれる細胞が存在します。この細胞は肌の土台を支えているコラーゲンやエラスチンを生み出し、若々しい肌に欠かすことのできない存在です。
そんな線維芽細胞も加齢に伴って機能が衰えると、コラーゲンやエラスチンが生成されにくくなってしまいます。
上清液に含まれるFGFという成長因子は、線維芽細胞に働きかける作用があります。
真皮層でコラーゲンやエラスチンの生成が促され、肌の弾力性がアップします。

血行改善

細胞老化の原因となる、体内の活性酸素を取り除く効果があります。
身体の疲労を軽減し、腰痛や肩こりの改善、生活習慣病の予防につながります。

創傷治癒

抗炎症作用や創傷治癒作用があるので、ニキビや肌荒れ、傷跡などにも働きかけてくれます。
また、痛みを軽減する効果もあります。

当院の幹細胞培養上清液治療について

At Our clinic

ヒト幹細胞培養上清液は様々な働きがあるため治療範囲が広い点も特徴です。症状等にあわせて医師が診察の上で具体的な治療法の提案などを行いますので、まずはご相談ください。

美肌エイジングケア

加齢に伴うしわやたるみ、シミなどの変性は、顔だけではなく手の甲や体など全身に起こるものです。臍帯由来幹細胞や脂肪由来幹細胞から産生される培養上清液を使用することで、たるみやしわを改善し、肌の弾力やハリを取り戻す効果が期待される他、ケガなどによる傷跡を薄くする効果も期待できます。